• 社長挨拶

    弊社は、昭和5年の創業以来、一貫して使う人の立場に立った高品質の紙製品の製造を続けてきました。

    その間、製品は、洋式帳簿から糸とじノート、そして無線とじノートへと時代のニーズに合わせ変化してきましたが、製品を作るにあたっての心構えはいつも 「買う身になって作りましょう。」 でした。

    そのために、常に生産技術の向上と設備の安定稼働に努め、厳正な品質管理を行ってきた結果、お取引先様より高いご信頼を頂き今日に至っています。

    今後は、従来の紙製品製造に加え、環境保護関連事業にも取り組み、製品・サービスを通してもっともっと社会に貢献できる企業へと発展していきたいと思っています。

    これからも、温かいご指導・ご支援を賜りますようお願いいたします。

    代表取締役社長 大栗 康英

    社長挨拶
  • 会社概要

    会社名 大栗紙工株式会社
    代表者 代表取締役社長 大栗 康英
    所在地 大阪市生野区巽北3丁目15番7号
    TEL: 06-6752-0856 TEL: 06-6752-0856 FAX 06-6754-1862
    創業 昭和 5年
    設立 昭和40年
    資本金 1,000万円
    従業員数 32名
    事業内容 無線とじノートの製造 2700万冊(年間)
    電解水生成装置の販売
    主な取引先 コクヨ株式会社 / サンノート株式会社 / 株式会社世真
    主要設備 無線とじノート自動製造機 3台
    クラフト・フィルム兼用包装機 1台
    ローテーションシュリンク包装機 1台
    L型シュリンク包装機 1台
    無線とじノート一丁断裁機 1台
    断裁機 2台
    紙片回収梱包装置 1台
    罫切れチェックカメラシステム 1台
    取引銀行 北陸銀行 今里支店
    会社社屋 工場内 工場機械
  • 沿 革

    昭和 5年 創業者大栗繁一が小型帳簿および紙製品製造業大栗繁一商店をおこす。
    昭和16年 現在地を取得し、工場を新設。
    昭和38年 大栗三郎が事業を承継。
    帳簿からノートへと転換。
    昭和40年 大栗紙工株式会社設立。
    昭和42年 JIS表示許可工場となる。
    昭和51年 無線とじノート自動製造機(1号機)を導入。
    昭和54年 無線とじノート自動製造機(2号機)を導入。
    昭和62年 無線とじノート自動製造機(3号機)を導入。
    平成 8年 大栗康英が代表取締役社長に就任。
    平成21年 生野税務署長より優良申告法人の表敬を受ける。(1回目)
    平成25年 罫切れチェックカメラシステムを導入。更なる品質安定をはかる。
    平成26年 生野税務署長より優良申告法人の表敬を受ける。(2回目)
    平成27年 会社設立50周年を迎える。
  • アクセスマップ

    本社所在地

    〒544-0004 
    大阪市生野区巽北3丁目15番7号
    TEL: 06-6752-0856
    FAX:06-6754-1862

    〒544-0004 大阪市生野区巽北3丁目15番7号    TEL: 06-6752-0856  FAX:06-6754-1862

    本社へのアクセス

    大阪市営地下鉄 千日前線 北巽駅
    4番出口から徒歩1分